スポンサーリンク

超簡単!住宅ローン金利を引き下げる方法

筆者は約10年前にマンションを購入しました。

その際、0.975%の変動金利で、約3,000万円の住宅ローンを組みました。

購入した時は、金融リテラシーに乏しく、マンションの販売会社の言われるがままに、住宅ローンを組んでしまいました。

結果的には、大損した訳ではないのですが、住宅ローンと言えば、人生の最大支出…

スーパーの野菜の値段は他と比較するのに、なぜ住宅ローンは他と比較しなかったのかと悔やまれます。

…と、少々前置きが長くなりましたが、

この記事では、超簡単な住宅ローン金利の引き下げ方法について紹介します

この記事はこんな人におすすめ!
  • 住宅ローン金利を下げたい
  • 住宅ローンを変動金利0.7%以上で契約している!
  • 返済期間が、10年以上残っている。

スポンサーリンク

【結論】借入先の金融機関に交渉する!

ただ、これだけです!

筆者は、某大手メガバンクで住宅ローンを借り入れしているのですが、交渉の際のやり取りは以下の通り。

【TEL】あの~、住宅ローンの借り換えを検討しているのですが…

金融機関<br>住宅<br>ローン<br>担当者
金融機関
住宅
ローン
担当者

金利はいかほどですか?

変動0.975%です。

金融機関<br>住宅<br>ローン<br>担当者
金融機関
住宅
ローン
担当者

金利を引き下げることも可能ですが、それでも借り換えしますか?

交渉という程でもなく、相手側から金利の引き下げを提案してくれました。

この後、実際に銀行を訪れ、詳細条件について打ち合わせをして金利の引き下げ完了!

筆者は、計2回金利の引き下げ交渉をしているのですが、借り換えの際、事務手数料というものが数万円掛かります。

1回目の時は粘り強い交渉の末、事務手数料を免除してもらったのですが、2回目はNGでした…

ちなみに現在の契約金利は0.775%…

返済期間・借入金額・契約金利等によって、十人十色ですし、必ずしも交渉がうまくいくとは限りませんが、

最近の金利動向を見る限りでは、変動金利0.7%以上の方であれば、交渉の余地はあるのではないでしょうか。

※交渉の際に有利になるので、最新の金利動向は把握しておきましょう。

金融機関2021年8月
変動金利
auじぶん銀行0.310%
三菱UFJ銀行0.475%
りそな銀行0.470%
新生銀行0.450%
三井住友銀行0.475%

金融機関からすれば、ローンの借り換えをされれば、全く金利は入ってこない状態になりますので、必死で引き留めますよね。

世の中の金利相場が上がった時には、自動的に住宅ローン金利も上がりますが、下がった時は連動しない仕組みになっています。

自分で動向を見極めて、交渉なりの手段をとることが重要です!

ちなみに交渉するだけなら、なんのデメリットもありません。

【付録】別の金融機関で借り換える

金融機関2021年8月
変動金利
auじぶん銀行0.310%
三菱UFJ銀行0.475%
りそな銀行0.470%
新生銀行0.450%
三井住友銀行0.475%

住宅ローンの借り換えには、数十万円の契約手数料等の費用が掛かりますので、誰でも得する訳ではありませんが、返済期間・借入金額・契約金利等でシミュレーションしてみることをおすすめします。

4,000万円の借り入れで、0.01%金利が下がると、40,000円/年 × 借入年数(※)の節約効果が期待できます。(※分かり易く計算しています。実際はそんなに単純ではありません…)

返済額の試算

相場を知るためにも、自分の住宅ローンの状況を入力して、比較してみることをおすすめします

比較するだけなら無料なので、損はありません。

自信がない方は、下記に相談してみるのもアリだと思います↓

コメント