スポンサーリンク

意外と簡単!塩抜きなしの自家製ベーコンの作り方【仕込み編】~キャンプ飯~

筆者は、10年程ファミリーキャンプに行っており、今年も近々キャンプに行きます。

キャンプ飯で評判がよいのが、自家製ベーコン!

…と聞くと、作るのが難しそう…手間が掛かる…と思いがちですが、

意外と簡単にできちゃいます!

この記事では、簡単にできる、塩抜きなしの自家製ベーコンの作り方(仕込み)を紹介します。

スポンサーリンク

準備するもの

準備するもの
  • 豚バラブロック
  • 塩(岩塩がおすすめ) 豚バラブロックの重量の3%
  • こしょう 塩の半分程度
  • ジップロック
  • キッチンペーパー

↑以上の材料を用意します。

安い肉で作っても充分おいしいですが、以前、ブランド豚で作った時は段違いのおいしさでした!

材料にこだわって作るのも、楽しみの一つです。

ここがポイント

通常、ベーコンを作る際は、大量の塩で肉を塩漬けした後に、水に数時間漬けて適当な塩分濃度に調節する「塩抜き」という工程があります。

今回紹介する方法では、時間も手間も掛かる(塩分濃度の調整も難しい…)「塩抜き」工程を省いて、あらかじめ食べた時に塩分濃度がちょうどよくなるように、塩の量を測ります。

塩の量は、豚バラブロック肉の重量の3%がおすすめです。

今回の場合ですと、[豚バラブロック:762g] × 3%= 22g の塩で肉を漬け込みます。

【注意】あまり塩の量を少なくし過ぎると、塩の殺菌効果や熟成効果が減少してしまいます。

岩塩と胡椒は、ダイソーのワンハンドスパイスミルでミルしました。

手をしっかり洗う

これもポイントの1つかも知れません。

肉は、1~2週間熟成させますので、雑菌が入り込むと、腐る可能性があります。

爪の間まで、しっかり手を洗い、アルコール消毒もするとよいでしょう。

肉を洗う~整形~穴あけ

それでは、調理(という程でもないですが)に取り掛かります。

①肉を水道水で洗います。

②キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

③余分な筋や筋膜をカットします。(適当でOK)

④肉に穴を空けます。(肉に塩・こしょうが浸透しやすくするため)

※フォークでやってもよいですが、肉が意外と固いので、包丁でやった方が楽!

裏面も忘れずに。

塩・こしょうを擦り込む

きっちり測った塩を、肉に擦り込み(揉み込み)ます。

こしょうも同時に擦り込んでOKです。

擦り込んだ後はこんな感じです。

ジップロックに詰めて、冷蔵庫で熟成

①肉をジップロックに入れて、出来るだけ空気を抜いた状態で密閉します。

②冷蔵庫(我が家の場合は野菜室)で熟成

※万が一、ジップロックがしっかり閉まっていない可能性を考え、袋の入口を上向きにしておいた方がベターです。

この状態で、1~2週間放置します。

2~3日置きに、肉を裏返しにしてあげると、塩分が均等に染み込みます。

ちなみに、この肉…燻製にしなくても充分美味しいです。

試しに、1週間熟成した後に、味見してみてください。

びっくりしますよ!

今回はここまで…

次回は「燻製編」をお届けします。

コメント