スポンサーリンク

キャンプ初心者向け!カセットガスボンベ(CB缶)の活用方法3選

キャンプで使用する燃料の中で、比較的扱いやすい「ガス缶」

ガス缶には、カセットガス(CB缶)OD缶の2種類あって、キャンプ用品は、通常どちらかの缶しか使えないようになっています。

CB缶とOD缶の特徴は以下の通り。

種類CB缶OD缶
価格100円~500円~
買える
場所
アウトドアショップ、
ホームセンター、
コンビニ、
100均
アウトドアショップ、
ホームセンター 等
特徴寒さに弱い
火力が弱い
寒さに強い
火力が強い

貧乏キャンパーである筆者が注目したのは、当然…価格!

入手しやすいところも魅力です。

この記事では、キャンプでのカセットガスの有効活用方法3選を紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!
  • キャンプを始めたいけど、どんな燃料が使い易いか知りたい
  • キャンプの燃料コストを安く仕上げたい!
  • カセットガス缶を有効活用したい!
注意

基本的に各キャンプ用品メーカーは、同じメーカーのガスボンベの使用を推奨していますし、想定外の使用方法については保証の対象外としています。

安全に配慮の上、あくまでも「自己責任の範疇」で使用をお願いします。

スポンサーリンク

CB缶専用のキャンプ用品を購入する。

単純で申し訳ありません…

…が、カセットガスに燃料を統一すると、安いし、非常に楽チンです

以下がおすすめです↓

↑筆者も持っていますが、デザイン性が高いです。が、光量はあまり期待できません。

外側がプラスチックでショボそうですが、光量はまぁまぁとのことです。

↑これは超おすすめです!

小さいですが、光量も充分、マントルも壊れづらい、ガスも最後まで使い切れる、値段も手頃…などなど、

悪いところが見当たらない一品です!

コンパクトで1つ持っていると重宝します。

炭おこしに重宝します。食材に焼き色を付けるときにも使えます。

↑キャンプ場って、意外に風が強くて、普通のカセットコンロだと、火が付きづらかったりするのですが、これなら火力が安定します!

かさばるのが玉に瑕…

↑100均のイワタニ充填式ライターと比べると値段は圧倒的に高いですが、こちらは風に強い、バーナー式になっています。

CB缶→OD缶用の変換アダプターを活用する。

以下はグレーゾーンですので、先述の通り、自己責任でお願いします!

【 ✕ 違法】CB缶→OD缶へガスを詰め替える。

こちらは、注意喚起のために掲載しておきます。

筆者も違法だということを、つい先日知りました…

違法うんぬんもそうですが、危険を伴うということですね!

以上、3選を紹介しました!

ガスに限らず、火器の取り扱いには注意を払って、安全にキャンプを楽しみましょう!

あれ…こんな真面目な記事にするつもりじゃなかったのに…

お得なカセットガスボンベの購入方法

カセットガスはネットでまとめ買いして、節約しましょう!

定価で買うよりも、10~20%OFFで買えます↓

ニューアウトドアブランドを発見

「キャンプグッズが他人と同じじゃつまらない!」という方は覗いてみてください↓

コメント